たいせつ

彼と再会再開4年目になりました。

ヤケになる夜

昨日は職場の研修で帰りが夜になってしまった。
ホームで電車を待ちながら彼にメール。
…と少し経って「お疲れ様~」と電話をくれた。


せっかくの彼の声は周りの雑音で聞き取れなかった
けど、疲れも吹き飛びました。
続きは到着までの間、電車でちょっとメールして。


そのまた続きはパーキングに停めた車で
私から「ただいま」って電話をかけた。


来週彼は出張の都合でこっちに泊まる日数が増える。
それからお盆期間中も。
奥さんがまた迫ったり逆ギレで「ひとりにして」とか
言いだしたら、また彼は出て行ったり実家に行かなければ
ならなくなるんだろうか。


お盆中は我が家も子供が帰省したりで、会えない可能性も
出てきたりして。
その間彼夫婦の接触が増えるかもしれない。


「スキンシップしない代わりに買い物につきあったり
そういうので奥さんも少しは落ち着くんじゃない?」
と、つい言っちゃった。
私だって夫と出かけたりしてるし彼もそのことに対して
ヤキモチ妬くけど、いつも信じてガマンしてくれてるから。


彼も「それは考えてた。もしあちらから言われたらね」と。
私から提案したのに、想像するとそれだけでもすごーく
嫌な気持ちになる。


研修の疲れが夜の暗闇が私をネガ子にさせた。


「もうこうなったらえっちしちゃったら?
夫婦なんだからスキンシップくらいして当たり前だし
義務だと思えば仕方ないよ。」
と心にもないことスラスラ言い出す私。


なんだかおかしな方向になりながらも止まらない。
それにこれからも週末帰るたびに彼が家に安心して
いられないことへの心配や、自分の提案したことへの
嫌悪感で投げやりになってしまった。


黙って聞いてた彼が
「スキンシップもえっちもしないししたくない。
最近は迫られることも減ったり、距離を置こうとしたり
と色々あちらに変化も出てきたし。
グチャグチャ言われるのは全く気にならないから平気だし
実家に行くのも全然大変とも思わないから大丈夫。」と。


「心配かけて悪いと思うけど、でもそういう事言わないで。
それにそっちがそうならこっちだってって、きなこが
言い出しそうなことのほうが気になる」と彼。


私たち夫婦は彼と再会するまで普通に夫婦生活があった。
でもこうなってからはもう夫を男として見ることが
出来ないし、いってらっしゃいのキスさえ嫌でごまかすように
なった。
えっちを断るのも、必ずひと悶着あるから気が重い。
いっそマグロになって終わるのを待つか…とも思ってしまう時が
あるほど面倒で。


「信じてるから」と言ってくれる彼だけど
お部屋に行く度に私の胸にこれでもかってほどにキスマークを
つける。
最初遠慮がちだったのが徐々に「ヒョウ柄か!」ってほどに
いっぱいつける。
これじゃ夫と出来るはずないし。


お風呂に入るたびに服を着替えるたびに彼のことを想う。


やっぱり彼は私だけのものであってほしい。
お互いがお互いだけのものでありたいのが本音。


今日のメールで謝ったけど
明日会えたら顔見てごめんなさいって言おう。
もう二度と「えっちしたら?」なんて言いません。