追いかけたい、追いかけられたい

先週彼の出張は台風や悪天候の影響で
なくなり、こちらで数日仕事することになって
結局その間全部会えました。


普段のデートの他にお互いのお昼休みに
会いに行ったりとまた思いがけずの
非日常デートが出来ました。


前回のヤケになった件についてもちゃんと
謝って
そこからちょっと深く話して


私が煮詰まった時につい言ってしまう
「茶飲み友達」というフレーズは
私が思ってる以上に彼を不安にさせて
しまうようで


男女を超越した、人としての魅力だけで
繋がり続けられる相手
というような究極の行き着くところって
意味で言ってたけど


彼にとっては「もう好きじゃない」と
言われてるように感じるみたいで。


それから「物分りいい発言」をされるのも
もう気持ちが薄れたと思ってしまうみたい。


男性は追いかけたい生き物なんだと
どこかで聞いたりしたけど
気持ちの上では一概にはそう言えない


ヤキモチ妬かれたり感情的になる事で
愛情を再確認したり嬉しかったりするって


そういうのって面倒に思えて気持ちが離れて
しまうものかなって思ってたけど
それは相手にもよるし、自分がその相手を
どれだけ好きかによっても違うんだって


彼は肉食ではなく草食だということはやっぱり
明らかなようです(笑)


「きなこはヤキモチなんて妬かないと思ってた~」
って嬉しそうに言われたから
これからは遠慮しないでもっと正直に出して行こう。


計算したり駆け引きしたりしなくていい
感情の赴くまま
どんなお互いでも受け止められる
もちろんそこに思いやりと優しさも忘れず。


彼がうれしいこともわかったし
私も素直になれる♪