たいせつ

彼と再会再開4年目になりました。

切ない秋納め

いつか紅葉検索した時、偶然見つけた銀杏並木
一面黄金色で見た事ないようなすばらしい光景。
でもネット情報で今年は1週間早く落葉と判明


残念だけどここは来年行くことにして
急遽昨年と同じ場所へ紅葉見納めに行くことに。


昨年もあまりの美しさに感激だったけど
今年はまた一緒にここへ来れた事にも感動して…


手を繋いでゆっくり歩きながら
人がいなくなるとキスして
いつのまにかこんな事ができるようになった二人。


小鳥のさえずりと木漏れ日に照らされる紅葉
のんびり彼と過ごす秋納めを満喫できました。


次回はお部屋デートかな~
来週?それとも来来週??と提案する私に
できれば単身先に帰る日じゃない方がいいかな、、、と彼。


疲れちゃうからねえ~と納得する私に
抱き合った後またねって
そのまま1週間会えない時の切なさが半端ないと
初めて話してくれた。


ただでさえまたねで寂しくなるのに
愛し合った後なら尚更…
男脳のきなこには分からないかなって言われてしまった。


どちらかというと幸せいっぱいで満たされて
また1週間会えるまでがんばろう!って思ってた私。


彼の乙女な告白にキュンっとなると同時に
そんな風に考えてくれてたことや
思ってることを話してくれる彼が愛おしくて


その日は何だかいつにも増して
離れがたい「またね」でした。