たいせつ

彼と再会再開4年目になりました。

お互いの存在

単身赴任先から仕事終わりの週末の夜、
車で片道数時間近くかけて家に帰ってくる彼。
仕事の都合でそれが金曜夜だったり土曜夜だったり。
私と会う為に毎週帰って来てくれるようになりました。


再会後のお花見デートに行った時
ホントに彼は無口で…こちらから話題を振れば
ちゃんと話してくれるので助かりましたが。
帰り道の車中でうっかりウトウトしてしまう
くらい退屈な時間が過ぎました。


桜を見ながら私の家族の話をしてた時、
自分達夫婦は殆ど一緒にいても会話しないという彼に
「伝え合わないと何考えてるか分からないし…
〇〇くんも奥さんとちゃんと話したほうがいいよ♪」と
その頃の私は脳天気に説教してしまった。
その時彼は「奥さんは元々無口な人がタイプだって
言ってたから…」と返され、その時は
「ふうーん。よけいなお世話だったか」と思ったけど
今は「ノロケかよ!」とちょっとムカつく(笑)


帰り際やメールで彼に来週末の予定を聞かれ、
空いてる時間があると言えば1~2時間でも
会いたがって来てくれました。
最初は彼との時間に退屈を感じていたし
「この人こんなんで楽しいと思ってるのかな?」
と不思議に感じながらも
ずっと大好きで探してた彼に会える嬉しさもあり
気づけば毎週隙間時間でも会うようになりました。


再会その日にハグキスされてたので、正直このペースだと
今後どうなるんだろうって内心いつも気にしていたけれど、
結局その後しばらく指一本触れられることもなく…
安心しながらも拍子抜けしてしまいました。
このお付き合いを大切にしたい、という彼なりのやり方で
伝えてくれていたようですが。


5回目以降のデートの帰り際やっと軽いキスあり。
何だかホッ。
それからまたしばらく何もなく10回目以降やっとキス。
ようやく…またしてもホッ。
ないとないでモヤモヤしてしまうアラフィフ乙女心なのでした…


焦らしか!?と思いましたが、後で聞くと「がつがつしてると
思われて盆正月の茶飲み友ってまた言われると困る」
だったそうです。極端なんだよー(笑)


こんな毎週のおひさまデートや毎日の何気ないメールの
やりとりで、彼のことがすっかり日常になっていき
無口だった彼も私のペースに従って自分の事をたくさん
話してくれるようになりました。


そうなるとなったで「好き」の気持ちもシンプルに
ストレートに伝えてくれる彼。メールでも会ってる時も。
時に同級生に戻り、時に現実の大人同士。どっちも
なんだかとっても楽しい。


決して愛想がいいわけでもなく不器用だった彼が次第に
少しずつお互い信頼できる存在になっていきました。