たいせつ

彼と再会再開5年目になります

会ってる時も会ってない時も

彼が単身先から戻ってくる週末は
お互いに会うことが最優先でありたいけど


土日もある私の仕事が休みの時だったり
趣味の多い夫が出かける日だったりと
結局私の都合に合わせてもらっている。


年度替わりの最初に彼の1年間の休日を
メールで送ってきてくれて
それに合わせて私は毎月シフトを決める。


最初の頃は無理は禁物だから
会える時に会おうってスタンスだったけど
いつの間にか全力で彼中心で考えるように。


今では一緒に過ごすことが普通になっていて
どうにも会えなかった時は物足りないやら
心にスースーとすきま風が通り抜ける


それなりに楽しく過ごすよう努めるけど
隣にいるのが彼じゃない違和感やら
いつか今度は彼と来てみたいとか
考えるのはそんな事。


依存したくないんだけど
これってやっぱり依存してるのかなあ。


私より乙女な彼は堂々と「欠乏症」と言うけど
他のハッピーな表現で言い表せたらいいな


自由の効かない時はメールや電話で
次回のデートの計画を二人で練って
その時を楽しみに過ごす


「早く会いたいなあ」って
私を思ったら仕事も頑張れるような
そんな存在であり続けたい。


そして会ったら
「やっぱり大好き」
って思われるような私でありたい。


自分の事よりも
彼を楽しませたいとか
彼が幸せだったらいいなあと思うようになった
ちょっと成長したかも。


これも彼の影響であり彼のおかげ。


心も体も満たされる二人でいられますように。